明星幼稚園 園長挨拶

トップ > 園長挨拶

園長挨拶

                         ごあいさつ

 明星幼稚園のホームページへようこそおいでくださいました。

 幼稚園は、学校教育法に基づく子どもたちが人生で初めて出会う学校であり、健康な心とからだづくりを通して、生涯にわたる人間形成の基礎を培う専門の教育機関です。

 明星幼稚園は、創立者が掲げた仏教の「慈愛」の心を基本精神としながら、子どもたちに心豊かな人間形成の基礎を養うことを教育目標としています。慈愛の心とは、人間、自然、動植物すべてに宿るいのちを尊び、常に相手の立場になって物事を受け入れ考えることができる心です。本園の目標であり願いは、子どもたちが人間、自然や神仏のおかげと恵みに手を合わせ、感謝の気持ちをもつことを通して、豊かな心の土台を築き、誰にでも優しく思いやりをもてる人間に育ってほしいというものです。

 さて、この教育目標のもと、明星幼稚園の子どもたちは、明るくのびのびと毎日の幼稚園生活を送っています。園生活の中心となるのは「遊び」であり、遊びが子どもの「学び」です。子どもたちは、毎日の遊びを中心とした生活を通して、思考力、主体性や社会性の芽生えを培っていきます。例えば、子どもの大好きな遊びに「砂場遊び」があります。子どもは砂遊びを通し、砂や水の性質、不思議さに気づき、自然現象・事象などへの興味関心をもったりします。また、砂場では、友達との協同作業やシャベルなど道具の貸し借りも頻繁に行われます。これらを通して、子どもたちは友達と上手に関われるようになったり、言葉を獲得したり、語彙を豊かにしていきます。

 このように幼児期は、子どもたちの学びである自分の大好きな遊びに、夢中になったり没頭したりする直接的な体験を多く重ねることが大切です。こうした多くの自己実現の体験が、意欲や集中力を生み、生涯にわたる主体性や自立心を養う基礎となっていくと言えます。しかし、私たちおとなは、子どものなかにおとなを期待してしまい、おとなにとって大切と思うこと(例えば、文字の読み書きや、数字の計算が出来るなどがあげられます。)を早期に子どもに求めてしまうことがあります。教育思想家ルソーは、著書「エミール」において、「子どもは子どもとして重んじられる。子どもは小さなおとなではない。」と述べています。私は、幼児期の子どもたちには、毎日多くの友達や先生と関わり合いながら、大好きな遊びをたくさん楽しむことが何より大切であり、そのことが将来への確かな備えになると考えます。

 明星幼稚園は、全保育者が、日々変わる子どもたちの思いや願いを受容しながら、「すべては子どもたちのために!」最善の教育を考え実践している幼稚園です。皆様のご支援をどうぞよろしくお願い致します。

明星幼稚園
園長 熊田 俊道

未就園児幼稚園開放・開催日程のお知らせ
平成23年度新入園児募集のお知らせ
保護者の方へお知らせ